TOP > 自律神経失調症について > 自律神経って何なの?

自律神経って何なの?

私たちの身体には、無数の神経が網の目のように張り巡らされています。
そして、神経は次の役割を担っています。
「それぞれの身体の情報を脳に伝える」「脳から出された情報(指令)を、末端組織に伝える」…つまり、身体をコントロールしているのです。
そうした神経系は、2つに分類されます。

○中枢神経=中枢神経は、脳と脊髄の2種類のコントロールセンターを持っていて、すべての情報を末端神経まで伝えます。
○末梢神経=全身の至る部分に伸びている神経系をいいます。末梢神経は、逆に末梢神経で得られた情報を中枢神経に伝える動きをしています。

さらに末梢神経はその役割から、「体性神経」と「自律神経」に分類することができます。
体性神経は、「視覚(見る)・触角(触る)・聴覚(聞く)・味覚(食べる)」(知覚神経)と「自分の意思によって身体を動かす」(運動神経)に分類されます。つまり体性神経は、自分自身で感じたことをコントロールすることができるわけです。
そして、自分自身ではコントロールすることができない神経…それが自律神経です(=自分自身の意思に反して、無関係に作用する神経)。
「運動をすると、脈拍が上がる・呼吸が荒くなる」「暑くなると、無条件に汗が出る」「食べ物を摂取すると、自然に消化器系が動く」等々…つまり、自律神経は自分では気付かない身体の内外からの情報・刺激を受けることで、無意識に働く神経なのです(=ホメオスターシス(生体恒常性))。
[ホメオスターシス(生体恒常性)=私たちは、身体の内外から様々な刺激を受けます。そうした刺激に対して、絶えず生理的状態を一定に保とうとする機能をホメオスターシスといいます。]
そういう意味で、自律神経は私たちの生命維持にとって切り離すことができない神経だといえます。
このように私たちは神経系があるからこそ、人間らしい生活を行うことができるわけです。
ここで自律神経について、もう少し詳しく探ってみたいと思います。
末梢神経は、体性神経と自律神経から成り立っています。そして更に、自律神経は交感神経と副交感神経に分類することができます。

○交感神経…簡単にいえば、活動期の神経といえます。朝目覚めて夜就寝するまで、交感神経が活動しています。「嬉しいことがあれば喜ぶ」「恐怖や緊張(不安)があれば、心臓が高鳴り脈拍が増える」等々、こうした状態に対応するべく神経が交感神経です。
○副交感神経…就寝中に活動する神経といえます。就寝中、私たちはすべての緊張から解き放たれます。それは肉体的休息だけでなく、精神的休息にも当てはまります。つまり副交感神経は、休息型神経だといえます。

自律神経=交感神経と副交感神経が、バランスよく交互に役割を果たす→それによって、私たちは日々の生活を快適に過ごすことができているのです。
しかし、何らかの原因によってバランスが崩れてしまうと…私たちの生活環境は、大きく様変わりすることを覚えておく必要があります。