TOP > 様々な治療法 > 自律神経失調症の本を読んでみる

自律神経失調症の本を読んでみる

セラピーの本を読んでみよう

自律神経失調症をお持ちの方は、自律神経失調症の本を読むと癒される事があり回復に役立ちます。誰でも人生の中で、様々な心の傷を受けてしまうものです。これらの傷は、優しくケアしていかなければ、怪我と違ってなかなか自然治癒していく事はできません。心の傷を受けた事件から目を背けるのではなく、事実として受け入れ、その時の自分は、本当は何がしたかったのか、どんな気持ちだったのかという事に気づく必要があります。

そうする事で、保温来の感情と、現在やっている事が相違している事がわかります。そのギャップによってストレスが生じるのです。ヒプノセラピーの本では、自分の気持ちと行動にギャップが出ないように一致させる事によって、本来の自分らしさを取り戻す事ができます。それが自分にとっての癒しでもあり、変化でもあるのです。ヒプノセラピーというのは、心理的療法の基礎を得、自分を客観的に見つめる事ができるようになるのをサポートしてくれます。

トラウマをどう処理していくかという本を読む

自律神経失調症の方は、大きなストレスを抱えている可能性が高いです。トラウマをどう処理していくのかという本を読むと、大きな癒しや気づきになる事もあります。トラウマについて書かれた著書は、脳科学についても色々と書かれています。考え方としては、トラウマを退行催眠によって思い出させ、繰り返し体験する事によって、症状が出なくなると主張しています。

催眠療法も癒しになる

自律神経失調症の本の中には、催眠療法について書かれたものもあります。催眠療法も、自律神経失調症にとって、大きな癒しになる事があります。催眠療法の中には、「退行催眠」というのがあります。幼少の頃に体験した出来事が、現在の自分に大きな影響を与えています。

その出来事がトラウマとなり、現在の生活に悪影響が出てしまっている場合には退行催眠を使い、その体験を現在の自分に悪影響を与えないように適切に処理していけます。退行催眠をした人によると、中には、前世の記憶を思い出す人も現れるでしょう。前世で体験したトラウマが、現在の自分に悪影響を与えている時には、前世療法によって過去のトラウマを処理する治療法となります。